(LP) Alfredito Linares / Lo Que Tengo <salsa / world>
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

(LP) Alfredito Linares / Lo Que Tengo <salsa / world>

残り1点

¥3,150 税込

送料についてはこちら

QUanticとの共演でも知られるペルーを代表する 伝説的ピアニストによるサルサ史に残る ハード・サルサの大名盤が180gリイシュー!!!!!! 南米サルサならではの尖った雰囲気がありつつも、現代サルサに通じる洗練されたグ ルーヴも兼ね備えた、まさに最強盤とされてます!! -Track List- A1. SE FORMO LA FIESTA (Mi negrita) A2. LA PACHANGA DEL AMOR https://www.youtube.com/watch?v=hBpCmfEn798&feature=emb_title A3. A DONDE VAS A4. SONANDO TAMBÓ B1. MI NIÑA B2. SUJETATE LA LENGUA B3. LO QUE TENGO https://www.youtube.com/watch?v=ZKqJfVb0LLk B4. FRIENDS https://www.youtube.com/watch?v=TMnmf7VTHrk&feature=emb_logo (激熱インフォ↓) Alfredito Linaresほど、サルサの歴史の中で愛されるミュージシャ ンは少ないだろう。キューバ音楽に通じる雰囲気と強烈なスイングが、プログレッシブ なアレンジと妥協のないフレージングと融和する彼の音楽に魅了される人は年々増えて いる。 先日のレコードストアデイで復刻された 1969年作も話題となったが本作『Lo Que Tengo』はそこから約10年後の1980年にベネズエラのミュージシャンと録音された作 品。当時はFaniaを中心とした本場NYの牽引により、サルサ全体のレベルが飛躍的に 高まった頂点ともいえる時期。本作で聴ける演奏も、当時、そして現在の本場NYの超一 流楽団と比べても何ら遜色のない、熱く滾るような演奏が頭から尻尾まで詰まった、ま さにサルサ史に残るパフォーマンスばかりである。それもそのはず、リナレスのもとに 集ったメンバーは当時のベネズエラ・サルサを代表する楽団であるマンゴー、マデラ、 エル・トラブーコ・ベネスエラーノ、ロス・デメンテス、ロス・メロディコス、グア コ、ディメンション・ラティーナ、そしてサルサ・マジョールといった楽団のメンバー 達。 Alfreditoの紹介から高らかにスタートするカンタンテ&コロがけん引するジャ ジー・サルサに始まり、哀愁漂うホーンズも印象的なパチャンガA2、鳥肌必至の濃密デ スカルガA4、リナレスのコンポーザーとしてのセンスも冴えわたるB2、躍動感に溢れた 王道ど真ん中なサルサB3...などなど、どの楽曲もフロア、ダンサーを狂喜乱舞させる こと間違いなしの好曲ぞろい。極めつけはラストに収録されたリナレスのピアノとヴィ ヴラフォンが炸裂するインスト・デスカルガ "Friends" だろう。サイケなイントロか ら始まり、ヴァイヴによるテーマ部からピアノ、ヴァイヴ、ティンバレスと次々に鬼気 迫るソロの応酬が繰り広げられる、洒脱にして鬼気迫る圧巻の一曲だ。